沖縄主婦の日常と時々毒ありブログ

沖縄在住の20代主婦!日々の生活・節約・食・たまに毒吐きながら更新中。

ティファールのフライパンを購入!使ってみての感想

スポンサーリンク

先日、人生初のティファールのフライパンを購入しました。

2年ほど使っていたフライパンが焦げ付いてきたので、そろそろ買い時かなって思っていたのですが、なかなか買う勇気がでなくズルズルと焦げ付くフライパンを使っていたら、ある日の夫の弁当としてオムライスの卵を焼いていた時にグチャグチャになってしまい、こりゃあダメだと思い夫にお願い。

 

ティファールのフライパンを選んだ理由

フライパン選びで迷ったのが、

  • 安いフライパンを買ってこまめに買い替える
  • 高いフライパンを買って長く使う

今までの私なら安いフライパンを買って焦げ付き始めたら買い換えていたので①番の考えでしたが、夫は「フライパンといえばティファールだよ!安いのをこまめに買うより高いのを買って長く持つほうが良いんじゃない?」と②番の考えで、私も一度はティファールを使って見たかったので、夫の後押しもありティファールにすることにしました。

 

私が選んだフライパンは

口コミでは高評価のティファールですが、実際使ってみないとわからなかったので、ティファールの中でも比較的値段の安い取っ手の付いているフライパンを選びました。

サイズは27センチです。

T-fal フライパン 「デュラベース」 アプリコット 27cm A10006

 

f:id:okinawadokusyuhu:20151022170943j:plain

 

ティファールのフライパンを使ってみての感想

実際使ってみると、さすが高いだけあって今まで使っていたフライパンと全く違う事に気づきました。

 

その1.お知らせマークが付いている

まずは、フライパンに温度を教えてくれるお知らせマークが付いていること。

温まったら中央の赤い丸の字が消えて教えてくれます。

ちなみに180~200℃の温度で文字は消えるそうです。

 

f:id:okinawadokusyuhu:20151022174436j:plain

 

その2.焦げない!くっつかない!

薄く油を引いて炒めても焦げない!

今までずっと焦げ付きフライパンを使っていたせいか、最初ティファールのフライパンを使った時は感動で料理をするたびにわざわざ夫を呼んで見せてました(笑)

私は、それぐらい感動しました!

その3.取っ手とフライパンを繋いでいる部分?がないから洗いやすい

普通のフライパンなら取っ手とフライパンをつなげている部分が付いているけど、ティファールのフライパンは付いていないので洗いやすい!

普段なら、その部分を念入りに洗わないとキレイに落ちないけど、これならさっと洗えるので皿洗いがとても楽ちん。

夫に言われて気づきました。

さすが高いだけあって考えているなぁ~と思いました。(上目線ですみません)

f:id:okinawadokusyuhu:20151022175406j:plain

 

その4.デザインが可愛い

女子の気持ちをわかっているかのようにデザインが可愛い\(^o^)/

使うたびにテンションが上がります。

f:id:okinawadokusyuhu:20151022180036j:plain

 

ティファールのフライパンの重さは?

私が購入したのは27センチのフライパンですが、料理するのに問題ない重さでした。

炒め物を振って調理することも無いので、私的にはこれぐらいの重さなら全然いけます。

  

ティファールのフライパンを長持ちさせるコツ

いい値段のフライパンだったのでできるだけ長く持たせたいと思ったので、長持ちさせるポイントについて調べてみることにしました。

 

その1.空焚きはしない

油をひかずに空焚きをすると、劣化や剥がれの原因になるのでNG。

 

その2.フライパンの底からでる火で炒めない

フライパンの底から出るような強火にするのはNG。

 

その3.調理器具は角の丸い物が良い

コーティングを傷つけてしまうので角の丸いものを使った方が良い。

 

その4.洗う時は柔らかいスポンジで

金属タワシや固いもので洗ってしまうとフライパンの表面が傷つくのでNG。

 

広告を非表示にする