沖縄主婦の日常と時々毒ありブログ

沖縄在住の20代主婦!日々の生活・節約・食・たまに毒吐きながら更新中。

私がアパート選びに失敗した理由

スポンサーリンク

私は現在、夫と2LDKのアパートに住んで数ヶ月たちますが、未だにお家選びに失敗したと思っています。

今回は、私みたいに失敗しない為にも、どんな失敗をしたのか書いていこうと思います。

 

私がアパート選びに失敗した理由

そもそも「なぜ今のアパートに住もうと思ったのか」という事ですがそれはお腹の赤ちゃんの将来の事を考えて今のお家というかその場所に住みたかったからです。

今住んでいる場所はアパート以外、本当に良い場所なんです。

 

★将来子供に入れたい学校の区域である

★スーパー・病院が徒歩圏内

★治安が良い

★交通が便利

★私の実家まで車で行ける距離

 

それなのに、アパートは・・・(TT)という感じです。

 

その1.じっくり物件選びをしなかった

一番の原因は、「物件をじっくり見なかった事」ですね。

引っ越ししようと思ったのが丁度妊娠がわかってからだったので、その後すぐに悪阻で3ヶ月は動けなくて落ち着いたと思ったら今度はお腹が大きくなり始め、キツくなる前に引っ越ししようと思い、焦ってじっくり物件を見る事なく決めてしまいました。

 

その2.契約する前に朝と夜アパートを見に行かなかった

アパートの裏が空き地や畑が多いせいか、虫がとても多いんです。

涼しくなってきた今でも外灯の周りには虫がうじゃうじゃ・・・。

 

よく住む前に、明るい時間帯と暗い時間帯に一度行ってみた方が良い、という事聞いた事ありませんか?

私たちは、その事をすっかり忘れて明るい時間帯しか見ていなくて決めてしまったので、住んでから虫が多い事に気づきました。

住み始めたのが夏だったので、最初の頃は絶対暗くなる前には帰ってきて窓という窓は全て閉めて虫を家の中に入れないようにしていました。

それぐらい虫は夫婦揃って苦手なのです。

 

その3.不動産を信用しすぎた

色んな家を点々とした経験のある私にとって、「不動産=〇〇するのは当たり前」と思っていたのが、実はこの不動産ではその〇〇はしない、という事を契約したときに知ったことです。

その〇〇というのが「鍵の交換」です。

えっ!?普通するでしょ、なんて声が聞こえてきそうですが、実はこの不動産では鍵の交換をしていなかったのです。

前住んでいた人がちゃんと返してくれたので大丈夫です!なんて自信満々で言われた時は本当にびっくりしました。

前住んでいた人がもしスペアキーを持っていたら怖いですよね。

 

今まで住んできた家は必ず鍵を交換してくれていたので、それが当たり前だと思っていたら違っていたんですね。

これは沖縄の不動産ならよくあるよ、って言っていたのですが本当なのでしょうか??

結局、鍵は自分たちのお金で交換するはめになりました。

 

 その3.妥協しすぎた

最初の方でも書いたのですが、アパート以外は本当に場所が良いんです。

場所が良い分、引っ越しする人もあまりいないので、いい物件を見つけるには時間がかかるという理由もあり今のアパートを契約したのです。

住めば都というけれど、私はまだ都にはなれていないようです。

 

その4.部屋の設備を見ていなかった

比較的新しいアパートなので、私の中では設備は最新のものだと思っていたので、そこまで気にする事なく契約したのですが、住んでみてわかったのが設備が微妙という事。

とある番組で引っ越しする時は住む部屋の設備を見たら大家のケチ度がわかるという事をやっていたんですが、まさにそうだなって思います。

新築、築浅だからといって何もかも最新のものという訳ではありませんので、引っ越し槢木とはしっかりと部屋の設備も見たほうが良いです!

 

まとめ

私のようにアパート選びに失敗しないためにも、急がず色んな物件を見て本当に住みたいと思う物件を選ぶのがベストです。

そして、前の不動産ではしてくれたからこの不動産もしてくれるという考えは、あまりしない方が良いかもしれません。

(大手の不動産の場合はしっかりしているかもしれませんが、個人の小さな不動産の場合結構適当だったりするので・・・)

念のために契約する前にはしっかり聞く事も大切です。

 

「んーこの家はちょっとここが・・・」なんてちょっとでも不満があるなら止めた方がいいです。実際住み始めると私のように不満がでてきてしまうはずです。

もうすぐ出産で色々出費がでてしまうので、そう簡単には引っ越しできないのでしばらくはこのアパートに住み続けますが、いずれは引っ越ししようかと考えています。 

広告を非表示にする