沖縄主婦の日常と時々毒ありブログ

沖縄在住の20代主婦!日々の生活・節約・食・たまに毒吐きながら更新中。

お風呂のカビ事情。毎日少しずつ掃除をすることがカビ防止の対策!

スポンサーリンク

前の記事でカビのことを書いたのですが、カビと言えば「お風呂のカビ」。

お風呂の掃除をちょっとでも怠けたらすぐにカビ生えてきませんか?

 

前に住んでいたお家はお風呂に窓はついていなかったのですが、換気扇と乾燥機がついていたのでお風呂上がりは換気扇と乾燥機をかけてカビをおさえてましたが、今住んでいるお家は乾燥機がついていないので、換気扇と窓を開けて乾燥させないといけません。

でも、それだけだったらカビ生えてきますよね。

 

元々お風呂掃除は、夫の役割だったけど現在専業主婦でずっとお家にいる以上お風呂掃除は自然と私がするはめに・・・。

 

でも、面倒くさがりな私はできるだけ楽したい!

ということで、私がお風呂でしているカビ対策についてちょっと紹介しようと思います。

 

お風呂のカビはこう対策する

そもそも、どうしてお風呂場はカビが発生しやすいのか知ってますか?

お風呂のカビが発生する原因

お風呂のカビの発生って、湿度・温度・空気・栄養がポイントだそうです。

お風呂の場合、お湯を使う分湿度が高くカビにとっては居心地をよくし、さらにシャンプーや皮脂の汚れ、石けんの残りカスはカビの栄養の素になるのです。

 

なので、その原因を取り除けばカビがいなくなるという訳です!

そこで、私が行っているのが、

 

1.お風呂上がりに浴槽や壁・床に熱湯をかける

カビを死滅させるには42度〜60度ぐらいのお湯が効果的だそうです。

熱湯をかける効果はカビを死滅させるだけではなく、カビの栄養となるシャンプー・皮脂の汚れ・石けんの残りカスを落とす効果もあります。

2.水切りヘラで浴槽・壁や床の水分をとる

熱湯をかけたあとは最後の仕上げとして水切りをします。

そうすることによって水滴がなくなり乾きやすくなるので水垢防止にもなります。

水切りヘラは100均で買えますよ。

f:id:okinawadokusyuhu:20150918114050j:plain

3.最後はしっかり換気をする

そして、最後は換気です。

素早く乾燥させたいので換気扇の他、扇風機を1時間タイマーして一気に乾かしています。

 

この作業を毎日お風呂上がりに行っているおかげでカビが大量発生することもなくゴシゴシと力強く掃除する事がなくなりました。

私は上記のやり方の他に、カビが生えてきたかなって思ったらお風呂上がりチョイチョイと磨くようにしています。

まとめて一気に掃除すると大変ですが、毎日ちょっとずつ掃除をする事でカビの発生をおさえてくれるのでお風呂掃除がとても楽になりますよ。

 

 

広告を非表示にする